二重まぶた、重瞼術の事
 
→ HOME
 

kuma50.jpg

まぶたの手術で一般に最もよく行われている手術が二重まぶたの手術です。

しかし、その陰には手術による合併症に悩んだり、手術結果が思った通りでなかったりで

悩んだいる患者様が多いのが事実です。

このページでは現在一般に行われている埋没重瞼術の問題点と

それを避けるための私の術式を紹介します。

当院で行った重瞼術・術前後 

doubleeyelid220.jpg

 

 

 

当院で行った埋没法のふたえまぶた手術の

結果を示します。

まぶたの裏には決して糸が露出しない術式を行っておりますので 手術後に目がいたくなるような合併症はありません。 

 

美容外科重瞼術後合併症例

 compli200-1.jpg 

埋没糸がまぶたの裏に露出して

炎症を生じています。

 

compli200-4.jpg 

埋没糸がまぶたの裏から

露出しております。

    ●現在一般的に行われている重瞼術の方法と

               当院で行っている重瞼術の比較

buryingmethod400.jpg 

AとBが現在一般的に行われている重瞼術の方法ですが、

まぶたの裏に糸がでてくることが合併症の原因になります。

当院で行っているCの方法ではそのような合併症を生じません。

 


Yahoo!ジオシティーズ