老人性眼瞼下垂の治療

 
→ HOME
 
 
 
 
 

加齢により白内障が進行してくることと同じように、

お年でしわが全くない人がいないように(たまにいますが。。。)

眼瞼下垂はどなたでも年齢とともにある程度生じてきます。

瞳をふさぐようになってくると視野が狭くなる、おでこに力がはいるので

方が凝る、おでこのしわが増えるなどさまざまな症状を生じます。

30分ほどの日帰り手術で治療することが出来ます。

健康保険で治療できますので多額の治療費用はかかりません。

<老人性眼瞼下垂の術前後>

  roujinsei220.jpg

 

<老人性眼瞼下垂の術前後>

●70代の男性ですが、瞼が下がってみにくく、

また肩もこる、疲労感も強いということで受診しました。

術後は視野も広がり、ものを見ることが非常に楽になったとのことです。

 


Yahoo!ジオシティーズ