下まぶたの逆まつげ(下眼瞼睫毛内反症)の治療

 
→ HOME
 

kuma50.jpg下まぶたの逆まつげはまつげが角膜に当たることによって、

角膜に傷をつけることがあります。

子供の時には時々見られる疾患です。

年齢とともに自然に改善することもありますが、

いつまでも症状が続く場合は手術による治療も必要になります。

下まぶたの皮膚があまっていることが原因ですので

下まぶたの皮膚を少し切除することで治療します。

手術後1ヶ月程度は傷がみえますが、3ヶ月をすぎると

ほとんど分からない状態になります。

entropion300.jpg

術前→術後1ヶ月

 

 

 

術前→術後3ヶ月

 

 

 


Yahoo!ジオシティーズ